So-net無料ブログ作成
隠岐の海では ブログトップ

隠岐の海では春烏賊漁が始まりました [隠岐の海では]

私が知る限りだと、毎年4月の10日を過ぎる頃から、ボチボチ春烏賊が押し寄せてきます。

その春イカが急に来なくなり始めてから、だいぶん年数が経ちました。

春イカ漁は、もうダメなのか?諦めムードでしたが・・一昨年頃から、また隠岐周辺に

現れるようになってきました。

海の中のことは、魚類にしても烏賊類にしても実際に釣れるようになるまで

なんとも言えないというのが実情です。

ika.jpg

この写真を撮影しようと車を降りて海上を見ていたら

イカ釣り漁船から大きな話し声が風に乗って聞こえてきました。

内容は分かりませんでしたが、多分無線機を使って仲間の船同士で喋っているんだろう?!

と思っていました。

ika2.jpgika3.jpg

私の安物デジカメと、この腕では、この程度しか夜景モードは撮影できませんが

照明が見えているのは烏賊を船周辺へおびき寄せる為の集魚灯です。

烏賊は明るい光に寄ってくる習性があるのだとか?

この集魚灯も年数を経ると、灯りが暗くなります。


漁船の持ち主には、前から同じくらい明るいと見えていても、他の船から仲間の船を
見ると、あれ?(´・д・`)あの船の光は、前に比べてだいぶん暗いな~?

良くわかるものだそうです。


しかし、人事です(笑)

同じような海域でイカ釣り操業を行っていて、他の船は大漁をしているのに
自分の船は、大漁ができない・・・

それが何日も続くようだと、原因は?何故?自分の船は漁負けするのか?

あらゆる観点から自分で考えなおさなくてはなりません。

その一つに集魚灯の電球が古くなっている事も視野に入れる必要があります。

※他の船は極端に言えば自分の船さえ烏賊を大漁すれば良いわけで、人の船の
集魚灯が暗くなっていることなんざ、知っちゃいねえ~(ΦωΦ)フフフ・・ん(笑)


冷たいようですが世の中そんなもんです。


陸からドライブがてらに夜の海を見てイカ釣り船の光が綺麗だとか
旅情が感じられるとかの思いは否定しません・・。


私の立場でさえ、おお~船の光が暗い海面を照らしていて活気があるし
視点を変えれば、ロマンティックとも感じますからね^^


漁師の立場からすれば、他の漁船の集魚灯に負けない光を発する事が
今夜の水揚げに大きく関わって来るわけです。


hime.jpg

漁協に水揚げした烏賊は、漁協所属の運搬船に積み込んで鳥取県の境港港へ
運ばれてセリにかけられ販売されて行きます。


うちの船が水揚げした春イカはお買い得ですよ~\(^o^)/

うちの旦那さんは盛りが良いから(*`ノз´)ヒミツネ

イカ釣りの漁具を買いに漁協に行ったらたまたま、昼前に入港する
フェーリーが入ってきました。

青い海に白い船体、赤いラインが映えて美しい船です^^

fune.jpg
fune2.jpgfune3.jpg


nice!(13)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

隠岐の海では蟹籠漁の最盛期です [隠岐の海では]

こんばんわ~

ちょっとご無沙汰しちょります^^;

日々、多忙に注ぐ多忙です~


旦那さんの、シマメ烏賊漁も、順調に続いています。


松葉ガニ漁も、順調のようです。


漁師仲間から、この冬も何度も蟹の差し入れがきます( ´,_ゝ`)プッれぜんと


kani.jpg



kani2.jpg

いただいた蟹は、さっさと茹でてしまいます。


そして身を取り出して一回食べる分づつ小分けして冷凍します。


蟹チャーハン
蟹サラダ
蟹と野菜のスープなど


その時々にある食材と合わせて献立を考えます。


kani3.jpg

今回は大根と蟹のお酢の物にしました。



nice!(8)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

隠岐西郷湾内のフェリー岸壁で夕方6時過ぎに烏賊が入れ食い [隠岐の海では]

隠岐の島町、の表玄関は西郷港です。

西郷湾は東西に5キロの広さがあり、天然の良港として古くから

活用されています。


遠く江戸時代には北前船の寄港地でもあり、北は北海道~新潟県方面から


南は九州を往来する、船が年間を通して食料補給、燃料補給、


また台風などの海の荒れた時の避難港としても利用してきました。


この西郷湾内は、近海の魚類が回遊して入ってきます。


季節により、その魚種は豊富です。


サヨリ
ヒラメ
真鯛
チヌ鯛
カレイ

烏賊

色々と入ってきます。


最近は年末頃から、夕方6時ころになると烏賊が湾内に潜り込んできます。


それは、最終便のフェリーが湾内に入港する時に


フェリーの航海灯に烏賊が群れて、そのまま曳航されて来るのだと思います。


うちの主人は職業としての漁師なのですが、西郷湾内に群がる人たちは


普通のサラリーマンやら釣りが趣味の人達。


会社勤めの帰りに、ちょっと竿を下ろして烏賊を釣り上げ


晩のおかずに持ち帰る人が多いそうです。


刺し身でよし

大根と一緒に煮て食べてよし

一夜干しにして、天ぷらでよし


退社時間が近くなると気もそぞろ・・・(^_^;)


隠岐は良いとこ一度はおいで~♪

nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
隠岐の海では ブログトップ